FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-30

日本酒なのにラム酒・藤の井ラムちゃんとめぞん一刻

ご存じ!新潟の生んだ天才漫画家・高橋留美子さんの代表作が日本酒のラベルになっています!
どちらも淡麗辛口。
それでいて白ワインのようにとってもフルーティーなお酒です。
ファンの間では日本酒なのに「ラム酒」と呼ばれることもあります。

また、めぞん一刻は音無響子さんがラベルに描かれていますが、実は白無垢姿の特別な酒も用意されています。

こちらは全国新酒鑑評会金賞受賞酒の大吟醸で、ごく僅かしかない貴重な逸品です。

ラムちゃんも、響子さんも、口に含むとふわっと広がるフルーティーな香りと味わい。
それでいてベタベタせずにスッキリとした飲み口で美味しくいただける逸品です。
スポンサーサイト
2012-11-29

女性に優しい日本酒・めだかの宿

女性にも、日本酒未経験者にも、すぅ~っと飲めてしまう優しい酒です。

めだかってご存じの方も多いと思いますが、清らかな川にしか住めない小さな魚です。
この酒は、まさに名前のとおり、口に含んだ瞬間に清らかな小川のせせらぎが頭の中にイメージとして湧き出てくるようなスッキリ爽やかな日本酒なのです。
製造数が少ないのか、一升瓶で売られているのは地元でも珍しい酒でもあります。
そこで今回は、一般的な四合瓶の紹介となります。

この他にも300mlが多く出回っているようです。
アルコール度数も12~13度と低いのですが、そんな事を感じさせないほど旨味のバランスが絶妙です。
是非、冬でもコタツに入りながら冷やで飲みたい逸品です。
2012-11-27

菊水の冬季限定版・ふなくち菊水一番しぼり

発酵の終えたもろみを、酒と酒粕に分けるところを酒槽と言い、ここから流れ出た最初の酒を酒槽の口にちなんで「ふなぐち」と言います。
その出来たての原酒を火を通さずに瓶詰めしたものがこの酒なのです。
生酒本来のフレッシュな味わいとコクを楽しめる貴重な逸品。
わざわざアルミを蒸着させた袋を使っているのは、その風味を長く保つための工夫といえるでしょう。
ふなくち菊水一番しぼり1.8L冬季限定酒!

ふなくち菊水一番しぼり1.8L冬季限定酒!
価格:2,421円(税込、送料別)


菊水は他にもいろいろとあるのですが、どれもアルコール度数はやや高めです。
しかし、飲み口の良さからつい飲み過ぎてしまう人が大勢いるようなので注意が必要かも知れません。
しぼりたてのフレッシュな香りとともに、コクのあるガツンとした旨味を心ゆくまでお楽しみ下さい。
2012-11-27

ウイスキーのような日本酒・ウイスキー樽で貯蔵した日本酒。

新潟は三条の酒です。
これも飲みやすさとは別のアプローチで日本酒の入口にお薦めしたい逸品です。
飲み辛い訳ではありませんが、越乃寒梅や久保田のようなすっきり系の日本酒とは少し違った味わいだという事です。

その名も「ウイスキー樽で貯蔵した日本酒」。
日本酒としては珍しい貯蔵方法です。これも新潟土産や年末年始のご進物にお薦めできると思います。
なんとも芳醇な香りは日本酒である事を忘れてしまいそうになりますが、間違いなく日本酒の味と言った風変わりな酒でもあります。
飲み方としては、冷やでそのままと言った、日本酒の王道ももちろんなのですが、ウイスキーのようにロックグラスに氷を入れて飲むのも美味しいですね。
アルコール度数も日本酒としてはやや高めで、芳醇な香りと濃厚な味わいが特徴的です。
強い香りと冴えた辛味の、大人の酒を是非どうぞ。
2012-11-26

越乃寒梅は新潟を代表する酒

もうなにも言わなくても宜しいかと思います。
マンガでその名を全国的に広めた幻の酒。
ところが最近では、あまり幻じゃなくなったようで、こうしてネット通販でも買えてしまいます。
それなのに、未だに関東の居酒屋では一杯千円以上するところもあるのだとか。

日本酒党としては、もっと気軽に楽しんで欲しいですね。
昔は酒屋で買っても1万、2万と高価な酒だったのでしょうけど、今となってはそれほど高くはありません。
たしかに安くなったとは言え、全体から見れば普段の晩酌にはちょっと高い!
ここはもう少しでお正月なのですから、正月の楽しみにするのも悪くありません。

飲兵衛がお薦めしたいのは、特選本醸造よりも純米吟醸!

正直言うと、お店でよく見かける本醸造は本当に水みたいで、私のような酒飲みには物足りないんです。
でも一般的に知られているのはこっちの本醸造なんですけどね。

このラベルなら一度は見た事があると思います。
だけど、そこへ行くと純米吟醸はあまりお店じゃ見ないうえに、香りも程良くまさにKING of SAKEなのです。

少し高いのですが、一年の労を労う為の自分へのご褒美に是非どうぞ。
もちろん、お世話になった方へのご進物にもお薦めできる逸品です。
プロフィール

越後屋飲兵衛

Author:越後屋飲兵衛
越後屋飲兵衛が美味しい新潟の酒を紹介します。

楽天市場
最新記事
カテゴリ
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!
楽天市場
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。